背中ニキビ、胸ニキビの原因

3.胸ニキビの原因

ふと見ると、鎖骨の周りや胸の谷間などにブツブツとニキビが出来たりしていませんか?

背中にニキビに比べて、胸ニキビは自分自身で確認しやすく気がつく方も多いかと思います。

せっかく胸元が開いた綺麗なお洋服を着ても、胸元にニキビがあったら残念な気持ちになってしまいますよね。

そこで今回は、胸ニキビができる原因などをご紹介していきたいと思います。

 

  • 「胸に汗が溜まりやすい」

特に夏場は、顔や首に汗を掻きやすく、その汗が首をつたって胸の谷間へと流れてきます。

そうなると胸の周辺に汗が溜まりやすく、そのまま放っておくと菌が繁殖してしまいニキビのできる原因にもなってしまいます。

また、胸なのでいちいち汗を掻いても拭く訳にいかないので、吸収性の良い下着を利用したり、トイレなど個室に入った際は、こまめに胸の周辺をタオルで拭き、なるべく濡れたままにはしないようにしましょう。

 

  • 「シャンプーやリンスの洗い残し」

背中ニキビにも言える事ですが、お風呂に入り髪を洗った後、シャンプーやリンスが肌に付着したままになっていると、肌に炎症を起こしたり、毛穴が詰まる原因にもなるので

必ず、髪の毛を洗った後は、身体に付着したシャンプーやリンスも洗い流すようにして下さい。

また、濡れたままの髪の毛が肌に付着しているのも良くないので、お風呂から上がったらすぐにドライヤーで乾かしたり、肩からタオルを掛けて、濡れた髪が胸や背中に付かないようにしましょう。

 

  • 「衣類による摩擦や刺激」

洋服を着ると、胸や背中は衣類と擦れることが多く、ニキビが出来やすくなります。

特にチクチクした素材のものなど、肌に合わない素材は避けるようにして下さい。

汗の吸収性の悪い下着なども、蒸れてニキビが発生しやすくなります。

また、洗濯する際も、使用する洗剤や柔軟剤によっては、肌に合わずニキビを増やしてしまう要因になってきます。必ず、洗剤も洗い残しがないようにする事が大切です。

 

 

クリスタルモーション

4.背中ニキビがあって困った事の口コミ

結婚式で着用するパーティードレスや、夏の海での水着、背中が大きく開く洋服を着る時に背中にニキビが沢山あっては困ってしまいますよね。

背中ニキビは汗を掻いたりする事や衣類が擦れたりして出来る事が多いので、なかなか治らないという意見も多くあります。

そこで今回は、背中のニキビがあって困った事などを口コミで集めてみました。

 

  • 「背中にニキビができて、そのニキビ跡がシミになってしまう」

ニキビができると、その部分が治っても色素沈着して茶色くシミのようになってしまいます。せっかく赤みをおびたニキビが治ったと思っても、次にニキビ跡がシミになってしまっては残念ですよね。

 

  • 「背中にニキビがあると常に痒みを伴う」

ニキビができると、その部分に痒みが出てくる事が良くあると思います。

アクネ菌を外に出そうとしたり、肌が乾燥しているとヒスタミンという痒みを引き起こす物質が多く分泌されるからです。

痒いからといって掻きすぎてしまうと、細菌が入る原因になったり、ニキビ跡でシミのようになってしまうので注意が必要です。

 

  • 「背中ニキビのせいで結婚式のドレスが着られない」

一生に一度の結婚式で着るウェディングドレスが背中ニキビのせいで着られないと悲しいですよね。結婚式の前からケアしておく事が大切ですね。

 

  • 「背中ニキビは治りにくい」

背中のニキビは他の部位のニキビよりは治りにくい場合があります。

その理由は、背中ニキビは洋服との擦れなどや、背中に沢山汗を掻くとできてしまう場合があり、他の部位に比べて防ぐのが難しいからです。

チクチクした擦れる洋服は着用せず、吸収性の良い下着などを使用するなど心掛けましょう。

 

  • 「生理前後に背中にニキビができる」

生理前後はホルモンのバランスが崩れやすくなります。

ホルモンのバランスが皮脂の分泌量が増え、毛穴を詰まらせる原因になります。

なかなか生理前後のニキビを防ぐのは難しですが、肌を清潔に保つようにして下さい。

 

美背中ケアゲルSARASUBE

5.胸ニキビがあって困った事の口コミ

鏡でふと見ると、胸にポツポツとニキビがあったという経験はないでしょうか?

背中に比べて、デコルテや胸は見えてしまうので一度ニキビを見つけると、ずっと気になるものです。

夏の季節は水着を着る方も多いと思うので少しでも胸ニキビ減らしたいのが本音ですよね。

そこで今回は胸ニキビがあって困った事の口コミを集めてみました。

 

 

  • 「胸が大きく開いた服が着れない」

デコルテや胸は、顔と同じくらい相手の目に付くところなので、あまりにポツポツニキビがあったら恥ずかしくて胸の開いた洋服は着られないですよね。

胸ニキビをなくして、堂々と胸の開いた洋服を着たいものですね。

 

  • 「胸ニキビはなかなか治りにくい」

胸のニキビは、汗が溜まりやすい場所でもあります。

胸の谷間に汗が溜まると衛生的にもあまり良くないですし、菌も繁殖しやすくなります。

結果ニキビもなかなか治りにくくなってしまいます。

汗を掻いた場合は、なるべくこまめに拭き取ったり、通期性の良い服を着るなど工夫しましょう。

また、胸ニキビの場合は一度治ったと思っても、繰り返してしまうという方が多いので

あまりに繰り返す場合には、一度病院などで相談してみると良いかもしれません。

 

 

  • 「視線が気になる」

胸にニキビがポツポツあると、胸に視線がきているような気がして神経質になってしまいます。

只でさえ胸に視線が集まるのはあまり気持ちが良いものではないのですよね。

胸ニキビをなくしストレスから解放されたいですね。

 

  • 「痒みが出てくる」

胸には汗が溜まりやすくニキビが出来やすいですが、そのニキビに痒みが出てくる場合があります。

アクネ菌を外に出そうとしたり、乾燥した肌を防ごうとしてヒスタミンが多く分泌される為です。

痒みが出て引っ掻いてしまうと、その後ニキビ跡にもなってしまうので、痒みがあっても掻かないようにして下さい。

痒みが酷い場合は病院で痒み止めを処方してもらうと良いでしょう。

 

クリスタルモーション

6.自分でできる背中対策

薄着になる季節になり、肌の露出が増えると気になるのがニキビです。

特に背中のニキビはワンピースやキャミソール、水着を着た時にまる見えになってしまい

ちょっと恥ずかしいですよね。

夏に向けて何とか少しでも綺麗な肌を手に入れたいものです。

そこで今回は、自分でできる背中対策の方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

  • 「通期性や吸収性の良い服」

背中ニキビの原因の一つに、汗を沢山掻く事が挙げられます。

なので、通期性の良い服を着て汗を抑えたり、吸収性の良い服で汗を吸い取り

蒸れた状態などにしない事が大切です。

汗で濡れたままの洋服を着ていると、菌が繁殖しやすくなり、毛穴を詰まらせてよりニキビが出来やすくなってしまいます。

また、汗を掻いたらタオルでこまめに拭き取りましょう。

 

  • 「規則正しい生活」

睡眠を充分にとる、バランスのとれた食生活、ストレスを溜めない、自律神経を乱さない、これらの規則正しい生活がニキビを増やさない対策になります。

食事も糖質や脂質が多い、チョコレートやケーキなどの甘い物は食べ過ぎないように気をつけましょう。

また、ビタミンCやビタミンEなどの栄養を摂る事はニキビにも効果的です。

 

  • 「日焼けをしない」

日焼けとニキビは一見、関係のないような感じにも見えますが、日焼けをする事で、肌を守ろうと角質が分厚くなってしまい毛穴が詰まりやすくなってしまいます。そうすると炎症を起こしニキビが発生しやすくなってしまいます。

外出の際は上着を羽織ったり、日焼け止めクリームを塗るなどをして対応するようにしましょう。

 

  • 「背中の洗い方」

お風呂に入った際に、背中をタオルでゴシゴシ洗い過ぎてしまうと肌を傷つけてしまい、そこから細菌が入りニキビができてしまう場合もあります。

背中を洗う際は柔らかいタオルやスポンジで、あまりゴシゴシ強く洗い過ぎないようして下さい。

また、背中を洗い終わった後、石鹸をきちんと流すようにしましょう。

石鹸が背中に付着していると、それも背中ニキビの原因になります。

 

ジュエル・レイン

7.自分でできる背中ニキビ対策2

背中にニキビがあると、痛みを伴うだけでなく、痒みも出てきてしまいます。

また痒いからといって掻きすぎてしまうと、今度はニキビ跡のシミの原因にもなってしまいます。

できる事なら綺麗な肌になって、背中の開いた洋服も堂々と着たいですよね。

そこで今回は、自分で意識してできる背中のニキビ対策をご紹介していきたいと思います。

 

  • 「背中の保湿もしっかりする」

ニキビが出来やすい原因に乾燥があります。乾燥をしていると皮脂の分泌が増え毛穴を詰まらせてしまうからです。

背中に汗を掻いている状態もあまり良くないですが、乾燥のし過ぎも良くありません。

乾燥しているなと思ったら、保湿液などを背中に塗って乾燥を防ぐようにしましょう。

 

  • 「髪の毛を背中に付着させない」

髪の毛が長い人は、髪を洗った後、濡れたままの髪を背中に付着させてしまうと

ニキビのできる原因になります。

髪の毛には、シャンプーやリンスの洗い残しがあったりして、それが肌に付く事で刺激になってしまうのです。

また、普段の生活でも髪についた整髪料などが、肌に刺激を与えてしまいニキビができる

事があるので、背中ニキビが気になる方は髪の毛を縛って背中に付かないようにしたり、

洗髪後はすぐに髪を乾かすようにしましょう。

 

  • 「寝汗に注意」

寝ている間なので、なかなか自分が汗を掻いている事に気がつかない方もいるかもしれませんが、特に仰向けで寝ている方は背中に沢山汗を掻いている可能性があります。

汗を掻いてそのまま蒸れた状態にしていると細菌が増えニキビができる原因にもなります。

通期性や吸収性の良い下着やパジャマ、また汗を掻いている事に気が付いたら取りかえるようにした方が背中ニキビを防げます。

 

  • 「衣類の洗剤に気をつける」

シャンプーやリンスの時と似ていますが、衣類を洗濯する洗剤や柔軟剤によっても、肌に刺激を与えニキビができてしまう場合があります。

肌に合わないと思った洗剤の使用を続けたりするのはやめましょう。

また手洗いで洗う場合は、良く洗剤を落とすようにして下さい。

 

美背中ケアゲルSARASUBE

10.エステで背中ニキビ、胸ニキビを治した人の口コミ

治ったと思っても繰り返す背中や胸のニキビ!

顔のニキビに比べても治りにくいと悩んでいる方も多いそうです。

特に背中のニキビのケアは、自分では手が届きにくい部分なので上手くケアできないと

いう場合もあります。

そんな時に助けとなってくれるのが、「エステ」です。

エステに通うとプロがケアをしてくれるので、ニキビの治りが早い場合や、ニキビ跡など色素沈着してしまった部分が改善できるなど、エステに通ってニキビを治すメリットは沢山あります。

そこで、今回はエステに通って背中や胸のニキビを治した人の口コミをご紹介していきたいと思います。

 

  • 「エステでニキビを治した人の口コミ」

 

・1回ではそこまで良くならなかったけど、5回目くらいでほとんどニキビがなくなった

・金額は少し高く掛るけど、根本からニキビがなくなり綺麗になった

・自分では背中はお手入れできないのでプロにやってもらえて良かった

・ウェディングドレスを着る為に通いましたが、結婚式までに間に合って良かった

・早く治したいのでエステに通いながらも、自宅でもケアを心掛けました

・3回くらい通い、後は自宅でもケアしたらとても良くなった

・ピーリング、イオン導入、パックを行い1回目から効果を感じた

・1カ月目では化膿していたニキビが良くなり、2カ月目にはニキビ跡も薄くなりました

・エステに通うようになり、ニキビじたいも出来にくくなった

 

このように、エステに行くと通った方の多くがニキビを改善できています。

また、頑固で繰り返すニキビも、以前に比べて出来にくくなったという方もいるそうです。

ただし、自分でお手入れをするよりは金額は高くなってしまいます。

初回はお試し価格で平均3000円~5000円というエステサロンが多いですが、2回目からは、60分~120分で平均10000円~20000円と、サロンにより多少バラつきがあります。

また、早く治したい方は、エステでお手入れしながらも、自宅でもニキビ専用ジェルなどを使用しケアしているという方が多くいます。

2.背中ニキビの原因2

夏になると、水着を着る機会が増えますよね。

そんな時に気になるのが身体にあるニキビです。

特に背中のニキビがブツブツ沢山あると、見た目もあまり綺麗ではないし、洋服を着た時などは擦れて痛みが出る場合もあります。

そこで、今回は、どうして背中にニキビが出来てしまうのか、その原因をご紹介していきたいと思います。

 

  • 「ホルモンバランスの乱れ」

ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂の分泌量が増えニキビの原因もなります。

ホルモンのバランスの乱れは、ストレス、生理前後、食生活の乱れ、睡眠不足から起こります。

まずは規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れは、ニキビの原因だけではなく、身体のいろいろな機能にも影響を及ぼすので気をつけなくてはなりません。

 

  • 「乾燥肌」

乾燥肌の場合は、油分が少ないイメージがあり、逆にニキビはできにくいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、乾燥肌でもニキビはできます。

その原因の1つは乾燥肌を守ろうと、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまう場合、もう1つは乾燥肌で角質が厚くなってしまい毛穴が詰まってしまう場合などです。

乾燥肌の方も安心はせず、背中の保湿もしっかりしてニキビが出来ないように心掛けましょう。

 

  • 「糖分が高い食事」

チョコレートやケーキ、コーラなどは、誰もが好きな食べ物ですが、糖分が高い為摂り過ぎてしまうと、皮脂の分泌が増え、結果毛穴を詰まらせて、ニキビが出来てしまいます。

糖分の高いものを摂る時は、あまり食べ過ぎないように気をつけるようにしましょう。

 

  • 「洋服の柔軟剤」

洗濯をする時は洗剤や柔軟剤を使用すると思いますが、この洗剤や柔軟剤が衣類に残っていて、背中に触れて肌に合わなかった時にニキビができる可能性があります。

痒みがあったりした場合は注意が必要です。

また洋服と肌が擦れる事で刺激を受けニキビができる場合もあるので、あまりチクチクする洋服などの着用は避けて下さい。

ルフィーナ