6.自分でできる背中対策

薄着になる季節になり、肌の露出が増えると気になるのがニキビです。

特に背中のニキビはワンピースやキャミソール、水着を着た時にまる見えになってしまい

ちょっと恥ずかしいですよね。

夏に向けて何とか少しでも綺麗な肌を手に入れたいものです。

そこで今回は、自分でできる背中対策の方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

  • 「通期性や吸収性の良い服」

背中ニキビの原因の一つに、汗を沢山掻く事が挙げられます。

なので、通期性の良い服を着て汗を抑えたり、吸収性の良い服で汗を吸い取り

蒸れた状態などにしない事が大切です。

汗で濡れたままの洋服を着ていると、菌が繁殖しやすくなり、毛穴を詰まらせてよりニキビが出来やすくなってしまいます。

また、汗を掻いたらタオルでこまめに拭き取りましょう。

 

  • 「規則正しい生活」

睡眠を充分にとる、バランスのとれた食生活、ストレスを溜めない、自律神経を乱さない、これらの規則正しい生活がニキビを増やさない対策になります。

食事も糖質や脂質が多い、チョコレートやケーキなどの甘い物は食べ過ぎないように気をつけましょう。

また、ビタミンCやビタミンEなどの栄養を摂る事はニキビにも効果的です。

 

  • 「日焼けをしない」

日焼けとニキビは一見、関係のないような感じにも見えますが、日焼けをする事で、肌を守ろうと角質が分厚くなってしまい毛穴が詰まりやすくなってしまいます。そうすると炎症を起こしニキビが発生しやすくなってしまいます。

外出の際は上着を羽織ったり、日焼け止めクリームを塗るなどをして対応するようにしましょう。

 

  • 「背中の洗い方」

お風呂に入った際に、背中をタオルでゴシゴシ洗い過ぎてしまうと肌を傷つけてしまい、そこから細菌が入りニキビができてしまう場合もあります。

背中を洗う際は柔らかいタオルやスポンジで、あまりゴシゴシ強く洗い過ぎないようして下さい。

また、背中を洗い終わった後、石鹸をきちんと流すようにしましょう。

石鹸が背中に付着していると、それも背中ニキビの原因になります。

 

ジュエル・レイン

SNSでもご購読できます。