2.背中ニキビの原因2

夏になると、水着を着る機会が増えますよね。

そんな時に気になるのが身体にあるニキビです。

特に背中のニキビがブツブツ沢山あると、見た目もあまり綺麗ではないし、洋服を着た時などは擦れて痛みが出る場合もあります。

そこで、今回は、どうして背中にニキビが出来てしまうのか、その原因をご紹介していきたいと思います。

 

  • 「ホルモンバランスの乱れ」

ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂の分泌量が増えニキビの原因もなります。

ホルモンのバランスの乱れは、ストレス、生理前後、食生活の乱れ、睡眠不足から起こります。

まずは規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れは、ニキビの原因だけではなく、身体のいろいろな機能にも影響を及ぼすので気をつけなくてはなりません。

 

  • 「乾燥肌」

乾燥肌の場合は、油分が少ないイメージがあり、逆にニキビはできにくいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、乾燥肌でもニキビはできます。

その原因の1つは乾燥肌を守ろうと、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまう場合、もう1つは乾燥肌で角質が厚くなってしまい毛穴が詰まってしまう場合などです。

乾燥肌の方も安心はせず、背中の保湿もしっかりしてニキビが出来ないように心掛けましょう。

 

  • 「糖分が高い食事」

チョコレートやケーキ、コーラなどは、誰もが好きな食べ物ですが、糖分が高い為摂り過ぎてしまうと、皮脂の分泌が増え、結果毛穴を詰まらせて、ニキビが出来てしまいます。

糖分の高いものを摂る時は、あまり食べ過ぎないように気をつけるようにしましょう。

 

  • 「洋服の柔軟剤」

洗濯をする時は洗剤や柔軟剤を使用すると思いますが、この洗剤や柔軟剤が衣類に残っていて、背中に触れて肌に合わなかった時にニキビができる可能性があります。

痒みがあったりした場合は注意が必要です。

また洋服と肌が擦れる事で刺激を受けニキビができる場合もあるので、あまりチクチクする洋服などの着用は避けて下さい。

ルフィーナ

SNSでもご購読できます。