1.背中ニキビの原因.

暑い季節になると、洋服も薄着になり肌の露出も増えますよね。

そんな時にふと気になるのが背中のニキビ!

背中は自分では見えないので、あまり気がつきにくいですが、鏡などで良くみるとボツボツとニキビが出来ているなんていう事がありませんか?

そこで、今回は気がつかない間に出来てしまう背中ニキビの原因についてご紹介していきたいと思います。

 

  • 「就寝時の寝汗」

全ての汗がニキビを増やしてしまうという訳ではありませんが、皮脂を多く含む汗はニキビを更に悪化させてしまいます。

特に就寝時、背中に汗を掻いてしまうと、そのまま蒸れた状態で何時間も経ってしまうのでニキビは出来やすくなります。

できたら、吸収性の良い下着やパジャマを使用したり、汗でパジャマが濡れてしまった場合は、すぐに着替えるなどした方が良いでしょう。

 

 

  • 「洗髪後の髪の毛の付着」

お風呂に入り髪の毛を洗った後、そのまま髪の毛が背中に付いたままの状態という事はありませんか?

髪の毛を洗った後は、髪が綺麗になっていると思っている方も多いかもしれませんが、シャンプーやリンスがまだ微量に髪の毛に残っていたりして、そのまま背中にも付いている状態が続くと、肌が荒れてニキビができる原因にもなります。

また、濡れたままの髪の毛が背中に付着する事で衛生的にも良くありません。

必ず、髪の毛はすぐに乾し、乾くまでは首から背中にタオルを掛けておくと、より背中が清潔に保てます。

 

  • 「日焼け」

日焼けをすると、肌にダメージを与えてしまうだけではなく、肌を紫外線から守ろうとして角質の層が厚くなる事で、結果的に毛穴が詰まる原因にもなってしまうのです。

そして毛穴が詰まると炎症を起こしニキビが出来やすくなります。

ニキビを増やさない為には、日焼けを避ける事が大切なのです。

また外出する際は、必ず日焼け止めを塗ったり、背中が大きく開いてしまう洋服を着用する時は上着を羽織るなどをして対応するようにして下さい。

 

ジュエル レイン

SNSでもご購読できます。